こと検(ことわざ能力検定)

ことわざ検定とは

ことわざ検定は、日本の伝統的な言語文化である『ことわざ』『慣用句』『四字熟語』を学び、その知識と技能を客観的に量るための検定試験です。
これらの学びから国語・日本語の総合力強化を実現し、世界で活躍する人づくりに貢献します。

ことわざ検定5つのカテゴリー

※以下の5つのカテゴリーに分けて検定試験の問題は出題されます。各級によって配点は異なりますが、平均的な配点となるよう試験問題が作成されています。

国語・日本語の総合力
  1. 語彙力

    会話や説明など言葉を駆使して物事を相手に伝えるという作業は、常日頃生活する中で当たり前のように行われ、言葉を話す誰もができていることなのですが、その中でも「うまい人」「へたな人」に何故か分かれてしまいます。うまい人は、何が出来るのかというと、やはり語彙力の高さなのです。たくさんの時代を問わずたくさんの言葉に触れることが語彙力の強化に何よりも大切なのです。
  2. 文章力

    語彙力が備わって初めて文章を書くことができます。文章の力というのは、形として残り、読み返す事が出来るもののこと。「しっかりと要点が押さえられる」「読み手に想像させることができる」など文章の形態によっても重要なことは様々ですが、読み終えた後読み手が何をどう感じるのか、それを意図して文章をかくために文章力が必要です。
  3. 会話力

    文章とよく似ていますが、会話というのはリアルタイムで目の前にいる相手の話を聞き、答え、また話を継続させる。相手の話す言葉の意味が理解出来なければ会話は成り立ちません。昨今コミュニケーション能力の低下が叫ばれていますが会話はその基本中の基本。「言葉に含みを持たせる」ことまで、できるようになるためにもことわざのロジックが有効だと考えます。
  4. 表現力

    表現することができるひとは、想像できる人の事です。想像ができなければ、表現は単調で平坦なものにしかなりません。ことわざは想像力を必要とします。想像出来て初めて表現がうまくなるのです。日本人が現代まで脈々と受け継ぎ、磨き上げてきた言葉の技には、表現の技がたくさんつまっています。表現がうまくいけば、日頃のストレスや、ささいなもめ事など、人間関係がスムーズに行く事は言わずもがな、あなたの魅力を高めてくれることでしょう。
  5. 読解力

    読み解く力は、生きていく上で非常に重要です。「一を聞いて十を知る」ということわざがありますが、これも読み解く力に他なりません。言葉がいくつも連なって文章に成り、声に出して会話と成ります。その表面的な言葉だけを読んでいても、芯を捉えることはできません。ニュースや情勢を読み解く事も読解力です。

※ 財団法人ことわざ能力検定協会HPより抜粋

2.級・合格基準

レベル
(対象項目数)
試験
時間
合格
基準
受検料
1級 大学・一般程度
(529項目)
60分 80%程度 4,500円
準1級 大学・一般程度
(529項目)
60分 80%程度 4,000円
2級 大学・一般程度
(641項目)
60分 80%程度 3,000円
準2級 高校卒業・大学・一般程度
(641項目)
50分 80%程度 2,800円
3級 高校在学程度
(729項目)
50分 70%程度 2,500円
4級 中学卒業程度
(267項目)
50分 70%程度 2,000円
5級 中学在学程度
(257項目)
50分 70%程度 2,000円
6級 小学校6年生修了程度(236項目) 50分 70%程度 1,800円
7級 小学校5年生修了程度(230項目) 50分 70%程度 1,800円
8級 小学校4年生修了程度(208項目) 40分 80%程度 1,500円
9級 小学校3年生修了程度(272項目) 40分 80%程度 1,500円
10級 小学校1・2年生修了程度
(100項目)
40分 80%程度 1,300円

3.主な出題内容

1級 既存のことわざ辞典になく、近年新たに発見されたことわざや、なじみの薄い珍しいことわざをカバーすることわざの専門家の領域のものを出題。
準1級 既存のことわざ辞典になく、近年新たに発見されたことわざや、なじみの薄い珍しいことわざをカバーすることわざの専門家の領域のものを出題。
2級 世界の各地にあることわざと、日本社会で用いられる各業種のことわざを加えて出題。
準2級 世界の各地にあることわざに、日本社会で用いられる各業種のことわざを加えて出題。
3級 4級までのものに、古典・新語・郷土のことわざを加え出題。
4級 高校入試問題に出題されたものを中心に、実用的かつ一般的なことわざとことわざの概論を出題。
5級 高校入試問題に出題されたものを中心に、現代常用される基本的なことわざを出題。
6級 家族や食べ物、職業など暮らしに関連したことわざを出題。
7級 植物や気候、季節や時間と言った自然環境に関連したことわざを出題。
8級 動物や昆虫、空想上の生き物などに関連したことわざを出題。
9級 体全体やその一部を使った慣用句を中心、体に関連したことわざを出題。
10級 小学校低学年の内に、学んでおくとよいことわざを出題。

詳しくは財団法人ことわざ能力検定協会サイトをご覧ください。

(別ウィンドウで財団法人ことわざ能力検定協会サイトが開きます。)

お問い合わせはお電話で

052-704-8123(毎日 午前10時~午後10時まで受付)

どんなことでもお気軽にお問い合わせ・ご質問ください。
(小さな個人塾ですので、つながらない場合はお手数ですがお時間をおいておかけください。)

単科コース

  • 幼児ダイヤコース(年中・年長)
  • エジソンくらぶ(小学1年・2年・3年生)
  • 中学受験専科(小学4年・5年・6年生)
  • わくわく文庫
  • ロボット教室

検定試験

  • 英検・漢検・数検
  • 漢熟検(漢字習熟度検定)
  • 算数・数学 思考力検定
  • N検(ニュース時事能力検定)
  • ことわざ検定
ページトップへ