理科実験

理科実験のご案内

自分の手を使って実際に体験して、その不思議を考えることは、理科のみならず全ての学習の原点です。興味を持つこと、そしてその不思議を自分の頭で考えること、これが勉学のきっかけではないでしょうか。理科の「楽しさ」「驚き」はもちろんのこと、「学力向上」を意識したテーマ設定で、理科実験講座を行っております。

実験で使用した教材はすべて持ち帰ることができます。

時間 1講座 90~120分
受講料 1講座 1,500円(税込)~
  • ※ 講座内容により時間・受講料が以下の範囲内で異なる場合があります。
    (事前にご案内差しあげます。)

開催案内

『大気圧と真空』(物理)

【小学校学習指導要領】 小4「空気と水の性質」
【中学校学習指導要領】 中1「力と圧力」

実験1 大気圧を体感(目安時間:15分)
実験2 温水を減圧(目安時間:15分)
実験3 マグデブルグ半球(目安時間:40分)

  • 実験1では大気圧によってシートが床から離れにくくなる実験を行い、目に見えない大気圧の大きさを体感します。
  • 実験2では注射器内を減圧し、温水を沸騰させる実験を行います。
  • 実験3のマグデブルグ半球はアルコールを使用しない安全・安心の実験です。容器内の空気を抜いて真空に近い状態にすることで、容器が離れにくくなります。目に見えない大気圧を体感してください。
開催日 10月23日(日) 10:30~正午
対象 小学 4年生 ~ 中学 2年生
費用 2,000円

過去のプログラム紹介

2015年7月25日(土)実施
『かざぐるまであそぼう』(物理)

風の力でものが動くことを学びます。

  • 【実験1】引っぱれ!かざぐるま
    ひもで引っ張るかざぐるまを作ります。
    ひもを持って動き回るとかざぐるまがクルクル回ります。
  • 【実験2】8まい羽根のかざぐるま
    8枚羽根のかざぐるまを作ります。
    2色の羽根でクルクル回るかざぐるまはとてもきれいです。
  • 【実験3】かざぐるま忍者
    実験2の8枚羽根かざぐるまを忍者のお面にくっつけて、かざぐるま忍者に変身します。
対象 小学 2年生 ~ 6年生

2015年3月15日(日)実施
『紫外線で見る世界』

私たち人間の目には見えない紫外線について実験します。
紫外線を含む光を放つLEDを使い、紫外線を当てると光るもの、光らないものの違いを観察します。
科学と美術のハイブリット実験をお楽しみください。

対象 小学 1年生 ~ 6年生

2015年2月1日(日)実施
『エレキDEハサミ』(物理・総合学習)

  • 実験1【電熱線で実験】
  • 実験2【発泡スチロールカッターを作ろう】
    金属線に電流を流して発熱させれば発泡スチロールカッターの完成です。
    金属線が発熱しやすい条件を考えます。
対象 小学 2年生 ~ 5年生

2014年12月21日(日)実施
『手作りライト』(物理・総合学習)

  • 実験1【電気を通すものは?】
    導線の間に身の回りのものをつなぎ、電気を通すものと通さないものを学びます。
  • 実験2【手作りライト】
    導線をつなぎ回路をつくり、懐中電灯を作ります。
    低学年のお子様でも楽しく電気回路が学べるおすすめの実験です。
対象 小学 3年生 ~ 6年生

2014年9月21日(日)実施
『風船ひこうき』(物理・総合学習)

大きい風船と小さい風船の口をパイプでつなぐと、2つの風船の大きさはどのように変化するでしょうか?高校物理でも取り上げられる内容を楽しく学びます。

対象 小学 2年生 ~ 5年生

2014年8月26日(火)実施
『光センサー灯台』(物理)

光センサーを用いた本格的な工作実験です。

対象 小3~6

2014年7月22日(火)実施
『えだのぼりテントウムシ』(物理・総合学習)

マジックを科学的視点から捉えることができます

「鉄は磁石にくっつく」ことと「空気の入った入れ物が水に浮く」ことを同時に利用して科学マジックに挑戦。手を触れていないのに、枝にくっついたテントウムシがひとりでに上に登っていきます。

対象 小2~6

2014年6月29日(日)実施
『電気の力で絵をかこう』(化学)

  • 実験1
    電気を流すことで化学変化を起こし、薬品の色が変化するようすを観察します。
  • 実験2
    実験1の特徴を用いて、電気の力で紙に絵や文字をかきます。芯やインクがなくても、まるでペンのように絵や文字をかくことができる不思議な実験をぜひお試しください。
対象 小2~6

2014年5月11日(日)実施
「マジカルスライム」(化学) ~カラースライムを作ろう~

3種類の着色料により、好きな色のスライムを作ることができます。
作ったスライムは袋に入れて持ち帰ることができます。

対象 小1~6

2014年4月13日(日)実施
「指もんの科学」(化学)

テレビでよく見かける犯人を特定する指モン採取と鑑定。それを自分の手で体感できる実験です。
2種類の指紋採取方法を試します。

対象 小3~6

2014年3月21日(日)実施
『アーチの科学』(物理) ~橋はなぜアーチ形をしているのか~

対象 小1~6

『レッツ・バブルバス』~入浴剤を作ってみよう~

炭酸水素ナトリウムを使い、二酸化炭素を発生させ、その特徴を用いて入浴剤を作ってみよう!

つりあいの不思議

皆さんは「重心」という言葉を聞いたことがありますか?「重心」は、あらゆるものに存在します。鉛筆にも消しゴムにも。

さて、その「重心」はどのように見つければ良いのでしょう?また「重心」はどんなことに役立つのでしょうか?
今回の実験では、大人が見ても”えっ!?”と思ってしまう不思議科学グッズを作りながら、「重心」の秘密を体験することができます。

理科実験

電磁石とベル

「磁石」を見たりさわったりしたことのある人は多いと思いますが、「電磁石」でそうした経験をした人は少ないと思います。

今回はエナメル線を鉄心に巻いて電磁石を作り、「電流」と「磁場」について学び、その電磁石を用いてベルを作ります。もちろん、完成したベルは家に持って帰ることができます。電磁気の単元は苦手な子供達が多いのですが、この実験を通して、入試定番の巻き数と磁力の関係や鉄心の役割、ショート回路の特徴について学ぶことができます。ベル作成では、試行錯誤してベルを鳴らすことで、大きな達成感を得ることができます。

熱の伝わり方

水を温めてお湯を沸かす時の入れ物は普通、火にかけても燃えることのない金属製の物を使います。

では、紙コップに水を入れて火にかけるとどうなるでしょうか?
今回の実験では、熱の伝わり方を入試問題でも頻出のコの字型銅板を使って学んでいきます。

音の科学 「ギターを作ろう!」

音がどうして鳴って、どう伝わって、どう聞こえるのかを、弦楽器のギターを作りながら学んでいきます。入試問題では頻出の音の性質が、実験で何度も使っていくうちに自然と身についていきます。
クリスマスには手作りギターで楽しい演奏会はいかがですか?

水溶液の性質

  • 実験1.水溶液の性質を見きわめよう。
  • 実験2.酸性とアルカリ性を中和させよう。
  • 実験3.緊急指令!謎の水溶液の正体を見つけよう。

※ 不明水溶液にある試薬を加えると色が変わるので、子供たちはドキドキ・ワクワクしながら楽しく実験ができます。

お問い合わせはお電話で

052-704-8123(毎日 午前10時~午後10時まで受付)

どんなことでもお気軽にお問い合わせ・ご質問ください。
(小さな個人塾ですので、つながらない場合はお手数ですがお時間をおいておかけください。)

単科コース

  • 幼児ダイヤコース(年中・年長)
  • エジソンくらぶ(小学1年・2年・3年生)
  • 中学受験専科(小学4年・5年・6年生)
  • わくわく文庫
  • ロボット教室

検定試験

  • 英検・漢検・数検
  • 漢熟検(漢字習熟度検定)
  • 算数・数学 思考力検定
  • N検(ニュース時事能力検定)
  • ことわざ検定
ページトップへ